外為(FX)初心者のための外国為替取引入門 - 先物・オプション・eワラントメニュー - 為替eワラントの基礎知識

為替eワラントの基礎知識

為替eワラントとは・・・ 為替eワラントは為替相場に連動して値動きするように設計された債券(米ドルリンク債など)に対するオプションを証券化したカバードワラント(債券)です。平たく言えば、既製品の通貨オプションです。1000ワラント=通常5000通貨単位で売買できます。対象となる通貨が高くなると値上がりする「コール」型と安くなると値上がりする「プット」型とがあります。外国為替証拠金取引と同様、少額の資金とコストで多額の利益を得ることができますし、円高、円安、どちらの局面でも利益を得る機会があります。一方、購入したeワラントの価値が0になることもあり得ますが、損失は購入価格に限定されます。

損失が限定されていること、売買差益は譲渡所得として扱われることなど、為替eワラントには、外国為替証拠金取引にはないメリットがありますから、うまく使い分けるといいでしょう。

対象通貨 為替eワラントで取り扱っている通貨は、現在のところ、米ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンド、加ドル、NZドル、南アフリカランドの7種類です。売買価格、権利行使価格とも円貨で表示されていますので、為替取引として考えると、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、英ポンド/円、加ドル/円、NZドル/円、南アフリカランド/円を扱っていると考えることができます。

コールとプット 為替eワラントは、債券の形を取っていますが、オプションとして考えると、対象となる通貨を買う権利を債券化したコール型と、対象となる通貨を売る権利を債券化したプット型に分けることができます。コール型を買うと、対象通貨の値上がりにより利益を得られます。プット型を買うと、対象通貨の値下がりにより利益を得られます。円安・米ドル高を期待すれば、「米ドル」の「コール」型を、円高・ユーロ安を期待すれば「ユーロ」の「プット」型を買えばいいことになります。

原資産(数)・満期日・権利行使価格 為替eワラントは、通貨を原資産としています。通常の為替eワラントは1ワラントあたり原資産数は5(5米ドル、5ユーロ、5豪ドル、5加ドル、5NZドル)ですが、英ポンドの場合は2(2英ポンド)、南アフリカランドの場合は20(20ランド)です(ディープ・イン・ザ・マネーのものは1となっています)。つまり、為替eワラントの売買単位1000ワラントで5000米ドル(ユーロ、豪ドル、加ドル、NZドル)となります(英ポンドの場合は2000ポンド、南アフリカランドの場合は20000ランドです)。

為替eワラントは、満期日権利行使価格で対象となる通貨を買う(コール)または売る(プット)権利(オプション)を債券の形にしたものと考えることができます。

イン・ザ・マネーとアウト・オブ・ザ・マネー コール型では為替レートが権利行使価格を上回っている状態、プット型では為替レートが権利行使価格を下回っている状態を「イン・ザ・マネー(In the Money)」といいます。逆に、コール型では為替レートが権利行使価格を下回っている状態、プット型では為替レートが権利行使価格を上回っている状態を「アウト・オブ・ザ・マネー(Out of the Money)」といいます。為替レートと権利行使価格が一致している状態は「アット・ザ・マネー(At the Money)」といいます。

本源的価値と時間的価値 本源的価値は、為替eワラントを権利行使した時に得られる精算額です。イン・ザ・マネーの時に限り、本源的価値が存在します。アウト・オブ・ザ・マネーでは、本源的価値は0です。一方、時間的価値は満期日までに得られる利益の期待値と考えることができます。ボラティリティ(変動率)に由来する時間的価値は、満期日までの期間が長いほど、値動きが激しい(ボラティリティが大きい)ほど、アット・ザ・マネーに近いほど、大きくなります。ディープ・イン・ザ・マネーの場合はほとんど0になります。満期日が近付くと急激に減少し、満期日には0になります。

金利に由来する時間的価値は、円より金利が高い通貨のコール型ではマイナスとなっており、時間が経つにつれて増加して0に近付きます。逆にプット型ではプラスとなっており、時間が経つにつれて減少して0に近付きます。円より金利が高い場合、金利差が大きいほど、絶対値も大きくなります。ディープ・イン・ザ・マネーのコール型では、外貨預金的な感覚で投資することが可能です。

デルタとギアリング デルタは原資産(為替レート)の価格変動と為替eワラントの価格変動との比率です。デルタ=(為替eワラントの価格変動)/(為替レートの変動×原資産数)となり、コール型で0〜1、プット型で0〜−1の値となります。ワラントとしての価値が高いもの(コール型では権利行使価格が低いもの、プット型では権利行使価格が高いもの)はデルタが1または−1に近く、価値が低いものはデルタが0に近くなります。デルタが0に近いものは投資対象として不適切です。

ギアリングは原資産(為替レート)の価格と為替eワラントの価格との比率です。ギアリング=(為替レート×原資産数)/(為替eワラントの価格)となります。実効ギアリングはデルタ×ギアリングで計算します。実効ギアリングが高いほど、投資効率は高くなりますが、リスクも高くなります。

ニアピン為替eワラント ニアピン為替eワラントはちょっと特殊なeワラントです。為替レートが決められた「ピン価格」と一致した時に最も高い価値となり、米ドルの場合、1円離れると満期日の価値が0になります。これは「ロングバタフライ」と呼ばれる、オプションの売りと買いを組み合わせた合成ポジションです。現在のところ、米ドルについてのみ発行されています。

eワラントリンク ゴールドマン・サックスeワラント


為替eワラントの取引
通貨オプション
eワラントとは
ホーム