外為(FX)初心者のための外国為替取引入門 - FXメニュー - 外貨預金との比較(1) 特集:初めての外貨投資

外貨預金との比較(1)

外貨預金の場合 1万通貨単位の米ドルと豪ドルを外貨定期預金に預けてみます。某都市銀行の場合、TTS(対顧客電信売=外貨購入・預入レート)とTTB(対顧客電信買=外貨売却・払出レート)の差は、米ドル2円、豪ドル4円になります。簡単にするため、仲値を1米ドル100円、1豪ドル80円とします。TTSは1米ドル101.00円、1豪ドル82.00円となりますので、1万通貨単位預金するには、米ドルで1,010,000円、豪ドルで820,000円が必要です。

外国為替証拠金取引の場合 一方、外国為替証拠金取引の場合、業者の示す売買の価格差(スプレッド)は1通貨単位につき通常5〜10銭です(業者や通貨によって異なります)。ここでは簡単のため、1米ドル100.00-05円、つまりBid(買い,TTBに相当)100.00、Ask(売り,TTSに相当)100.05とします。また、1豪ドルでは80.00-80.05円とします。1万米ドル、1万豪ドルを買う場合、Askのレートが適用され、1,000,500円、800,500円になります。ただし、外国為替証拠金取引の場合、全額を入金するのではなく、5〜10%程度の証拠金を入金します。業者によって証拠金の金額は異なります。ここでは、1万米ドルに対して100,000円、1万豪ドルに対して80,000円とします。このほか、手数料がかかります。業者、取引方法、取引単位により手数料は変わりますが、ここでは1通貨単位につき片道(売買の一方)10銭とします。1万通貨単位では1,000円です。

すぐに解約すると コストを計算しやすくするため、預けてすぐに解約したとします。外貨預金の場合、払い戻しにはTTBが適用されます。1米ドル109.00円、1豪ドル78.00円です。1万米ドルでは1,010,000円を預けたのに対して990,000円が払い戻しされます。差引20,000円の損です。同様に、1万豪ドルでは820,000円が780,000円と差引40,000円の損となります。

外国為替証拠金取引の場合、為替レートは常に変動しますから、その日のうちに反対売買を行い、取引を終了させることもあります(デイトレード)。デイトレードの場合、手数料が安くなることもありますが、ここでは通常の手数料が適用されるとします。為替に変動がないとすると、Bidのレート100.00円が適用されますから、1万米ドルでは1,000,500円が1,000,000円になります。差引500円の損失です。また、手数料として新規1,000円決済1000円払いますので、最初に100,000円払ったのに対して97,500円が戻ってきます。差引2,500円の損失です。

同様に1万豪ドルでは800,500円が800,000円になり、差引500円の損失です。また、手数料として計2,000円払いますので、最初に80,000円払ったのに対して77,500円が戻ってきます。差引2,500円の損失です。

このように外国為替証拠金取引では、同じ通貨単位の取引で比較すると、外貨預金よりずっと低いコストで行うことができます。

外貨1万米ドル1万豪ドル
取引外貨預金証拠金取引外貨預金証拠金取引
元金(取引額)1,010,000円100,000円
(1,000,500円)
820,000円80,000円
(800,500円)
当日解約受取額
(取引額)
990,000円97,500円
(998,000円)
780,000円77,500円
(798,000円)
損失△20,000円△2,500円△40,000円△2,500円
 (注)取引額=外貨の円貨評価額(Bidレート)+スワップ金利−手数料



(2)
外国為替証拠金取引のリスク&リターン
ホーム