外為(FX)初心者のための外国為替取引入門 - 先物・オプション・eワラントメニュー - 日経平均先物・オプションとは

日経平均先物・オプションとは

日経平均先物・オプションとは日経平均は日本を代表する会社の株価を平均して算出した株価指数です。日本経済新聞社により東証上場の225社の株価から算出されており、日経225とも呼ばれます。また、このほか日経300が算出、発表されています。また、これらの先物とオプションが大阪証券取引所(大証)に上場されています。ただし、日経225の方が圧倒的に多く取引されており、流動性が高いため、取引を行うのに適しています。日経平均に似たものとして東京証券取引所(東証)第一部の全銘柄を対象としたTOPIX(東証株価指数)があり、こちらは先物・オプションが東証に上場されていますが、その取引規模は日経225に及びません。

なお、日経225は大証のほか、シンガポールのSingapore Exchange (SGX)やシカゴのChicago Mercantile Exchange (CME)でも上場されており、日本時間の夜間にも取引されているため、一日中値動きがありますが、国内の証券会社では大証のみで取引ができます。ただし、現在、欧州の金融先物取引所Eurex(フランクフルト)と提携して上場し、国内からどちらでも取引できるようにすることが計画されています。それでも、外国為替とは異なり、24時間取引できるわけではなく、また、取引期限(限月)が決まっていることに注意して下さい。取扱会社については日経225取扱会社を参照して下さい。

日経225先物の取引単位は1枚=1000倍≒800万円(日経平均8000円の場合)ですが、個人投資家の参入を促進するため、取引単位を100倍(日経225先物の1/10)とする日経225miniが導入されました。また、eワラントを利用することでより小口の取引を行うこともできます。

なお、日経平均先物・オプションなどの有価証券先物取引の損益は商品先物取引やくりっく365の損益と合算して申告分離課税となります(外貨と税金参照)。eワラントについては「債券」として「譲渡所得」または「雑所得」として総合課税の扱いとなります。






日経225取扱会社
eワラントとは
先物とオプション
ホーム