外為(FX)初心者のための外国為替取引入門 - FXメニュー - 外国為替のリスク管理 特集:初めての外貨投資

外国為替のリスク管理

外国為替は、短時間の間にレートが上下します。また、24時間取り引きされていますから、寝ている間に買った通貨が暴落(売った通貨が暴騰)してしまうこともあり得ます。

さて、例として、10万円の証拠金でドル/円を1ドル=110.00円の時に1万ドル買ったとします。手数料やスワップ金利を無視して考えると、1ドルが1円下がるごとに1万円の損失が発生します。10円下がると10万円の損失が発生し、証拠金がなくなってしまいます。業者の方も証拠金がなくなってさらに損が出た場合、不足分を顧客から回収できないと困ります。そこでこうなる前に追加証拠金(追証)の払込を要求したり、自動的に取引を精算(ロスカット)してしまったりします。追証やロスカットの基準は業者によって異なります(追証を要求せずに警告のみ行う業者や全く警告を行わず、ロスカットのみ行う業者もあります)。

しかし、こうなる前に、損失が出たらあきらめて「損切り」することも必要でしょう。外国為替証拠金取引では、損切りのための注文方法として、「逆指値」(ストップ売買)というものがあります。ストップロス(S/L)とも呼びます。通常の指値は「指値まで値上がりしたら売る、値下がりしたら買う」ですが、逆指値は「指値まで値上がりしたら買う、値下がりしたら売る」というものです。例えば、1ドル=110.00円でドル/円を買っていて、108.00円で逆指値売りの注文を出しておけば、寝ている間にドルが暴落しても、1ドルにつき2円の損失ですみます。

為替は突然乱高下することがあります。個人投資家(特に本業を持つ投資家)の場合、24時間相場を見ているわけには行きませんから、逆指値で損失を最小限に押さえておく必要があります。ただし、現在の価格に近いところで逆指値を出しておくと、ちょっとした相場の変動で一瞬だけ逆指値に達して売買が成立してしまうこともよく起こります。逆指値はあくまでも安全弁と考えて、少し離れたところに設定しておいた方がいいでしょう。逆に、値上がり局面では、逆指値をこまめに上げていき、利益確保を図ります(トレーリングストップ)。取引システムにトレーリングストップが組み込まれているものもあります(FXCM, Saxo, GFTのシステムなど)。

なお、株式や商品ではストップ安(ストップ高)が続いて、取引したくてもできないことがしばしば起こりますが、外国為替取引は非常に流動性が高く、大損はしても、全く取引できなくなるというようなことは余り起こりません。その意味では、外国為替はリスク管理を怠らなければ安全、ということもできます。かといって、レバレッジをかけすぎると週明けに値が飛んだ場合に証拠金以上の損失が生じることがありますので、リスク管理を怠ってはいけません。



ストップハンティング
ホーム