外為(FX)初心者のための外国為替取引入門 - 外貨のきほんメニュー - 外貨預金の仕組み 特集:初めての外貨投資

外貨預金の仕組み

外貨預金とは・・・ 日本国内の銀行(海外の銀行の日本支店も含みます)が取り扱っている日本円以外の通貨(外貨)による預金です。多くの銀行で米ドル建ての外貨預金を取り扱っているほか、ユーロ建て、豪ドル建てなど各種通貨による預金を扱っている銀行もあります。また、普通預金や定期預金のほか、通知預金や貯蓄預金を扱う銀行もあります。

口座作成と預金の方法 銀行の窓口、もしくはインターネットバンキング等で簡単に外貨預金口座を作ることができます。銀行に日本円や外貨を持って行くか、日本円口座から振り替えるか、もしくは外貨を送金することで外貨預金ができます。日本円の場合、外貨に両替するための為替レートとして、TTSが用いられます。

外貨預金を引き出すには 外貨預金を引き出す場合、日本円に戻すか、外貨のまま引き出す(あるいは送金する)かを選択できます。外貨定期預金の場合、満期になっても外貨普通預金として外貨のまま置いておくことができます。日本円に戻す場合、外貨を両替するための為替レートとして、TTBが用いられます。外貨のまま引き出す場合は、外貨現金やトラベラーズチェック(T/C)で引き出すことができますが、T/Cの方が手数料が安くてすみます。なお、外貨としては入出金できない銀行や高い手数料が必要な銀行もあります。

為替差益と為替差損 円貨と外貨を交換する為替レートは絶えず変動していますから、円貨を外貨に替える際と外貨を円貨に替える際の為替レートの差が為替差益・為替差損となります。円安になれば為替差益が生じ、円高になれば為替差損が生じます。ただし、円貨を外貨に替える際の為替レートであるTTSと外貨を円貨に替える際の為替レートであるTTBの差は、最も小さい米ドルの場合で通常2円、他の通貨ではそれ以上となります。従って、為替レートそのものが変動しなくても為替差損が生じます。

TTSとTTB

外貨預金にかかる手数料 外貨現金の出し入れ、外貨T/Cによる出し入れ、外貨小切手による出し入れ、外貨送金による出し入れ、すべて手数料がかかります。ただし、同じ銀行のT/Cによる入金や同じ銀行の本支店間での送金など、手数料がかからないこともあります。また、円貨として出し入れする場合は手数料はかかりません。

外貨預金にかかる税金 なお、外貨預金の利子は20%の源泉徴収で課税が終了します。為替差益は「雑所得」とされます。総合課税の対象となります。必要経費を差し引くことはできますが、他の雑所得と合算後、損失が出ても、雑所得以外の所得から損失を差し引くことはできません。雑所得が20万円以上あれば確定申告が必要です。

外貨と税金


外貨預金の問題点
ホーム