外為(FX)初心者のための外国為替取引入門 - FXメニュー - スワップ金利 特集:初めての外貨投資

スワップ金利

外国為替証拠金取引ではスワップ金利が発生します。これは次のように考えると理解しやすいでしょう(厳密には異なる点があります)。



通貨の貸し借りに
金利がかかる
外国為替証拠金取引では、必ず通貨ペアの一方を「売り」、もう一方を「買い」ます。例えば「米ドル/円」(USD/JPY)の「売り」は米ドル売り・円買い、です。しかし、実際には一銭も払わず(証拠金を預けますが)、「米ドル/円」の1万米ドル「売り」では、1万米ドルを借りて売り、相当する円を買って貸すことになります。この貸し借りに金利が発生し、その差がスワップ金利となります。現在の金利は米ドル>円となっていますから、「米ドル/円」の「買い」でスワップ金利を受け取り、「売り」でスワップ金利を支払います。

スワップ金利を
活かした取引
外国為替証拠金取引は売り買いどちらからでも始められますが、スワップ金利の支払いを考えると、金利がもらえる場合は長期保有も可、金利を払う場合は短期勝負、と考えておく必要があります。このスワップ金利をうまく利用すると、外国為替証拠金取引を外貨預金のように利用することができます。

実は金利ではない 厳密には、スワップ金利は「金利」ではありません。ロールオーバー(1日の終わりに行う翌日への繰越処理)の際に行う為替スワップ取引(直物為替と先渡為替の反対売買)による直先スプレッド(直物と先渡との価格差)で、二国間の通貨の金利差などによって生じます。従って、スワップ金利ではなく、スワップポイントと呼ぶ方がいいでしょう。

安易なスワップ金利
狙いは要注意
【重要】ただし、スワップ金利は、為替レートの変動に比べて小さい上、スワップ金利を狙った外国為替取引は、通貨の下落による危機にもさらされます。従って、十分な資金を確保(レバレッジを下げる等)した上で、安値圏で対象通貨を購入しておく必要があります。

レバレッジを考慮した
スワップ金利狙い
外国為替証拠金取引(FX)の場合、実レバレッジ(取引額/証拠金額)を自由に変えることができます(高レバレッジの業者の場合でも、証拠金額を多くすれば実レバレッジは下がります)。実レバレッジを高くすれば、証拠金額に対する利回り(金利差×実レバレッジ)が高くなります。しかし、実レバレッジが高いほど、通貨の下落によるロスカットのリスクが高まります。従って、リスクの高い通貨はレバレッジをかけるべきではありません。例えば、南アフリカランド(ZAR)の金利は非常に高いのですが、下落のリスクを考えると、レバレッジをかけた取引は非常に危険です。

なお、スワップ金利狙いの取引の場合、一時的な下落によるロスカットを避けるため、証拠金を多く入れることが必要となります。しかし、取引業者にもしものことがあると、証拠金が返ってこない危険性もあります。従って、スワップ金利狙いの場合は、手数料の高低よりも、信託保全を行っているなど、安心できる業者を選ぶ必要があります。

FX業者比較




スワップ金利・もっと詳しく
ホーム