外為(FX)初心者のための外国為替取引入門 - 外貨のきほんメニュー - TTSとTTB 特集:初めての外貨投資

TTSとTTB

TTM (Telegraphic Transfer Middle rate)と略することもあります。銀行が顧客に対して10万ドル未満の外国為替取引をする際の基準レートとして用いる外国為替レートです。各銀行が毎営業日の9:55ごろの為替レートを参考に決定します。その日のうちに為替レートが1円以上変動すれば仲値を決め直します。




TTS(Telegraphic Transfer Selling rate, 対顧客電信売=外貨購入・預入レート)、つまり、銀行が顧客に対して外貨を売る(円を外貨に交換する)時に用いられる為替レートです。米ドルの場合、仲値+1円としている銀行が大部分です。他の通貨では仲値より1円以上高くなります。外貨預金やトラベラーズチェック、外貨の送金で円を外貨に交換するのはこのTTSレートです。





TTB(Telegraphic Transfer Buying rate, 対顧客電信買=外貨売却・払出レート)、つまり、銀行が顧客に対して外貨を買い取る(外貨を円に交換する)時に用いられる為替レートです。米ドルの場合、仲値−1円としている銀行が大部分です。他の通貨では仲値より1円以上低くなります。外貨預金やトラベラーズチェック、外貨の送金で外貨を円に交換するのはこのTTBレートです。なお、トラベラーズチェックはさらに不利なA/Sレートが適用されることもあります。





外貨の現金の場合、銀行で紙幣を保管するコストがかかりますから、為替レートはもっと不利になります。ですから、海外旅行の時には、なるべくトラベラーズチェックやクレジットカードを利用し、余った外貨は空港の免税店で使い切るようにします。



仲値と外貨の売買に用いられる為替レート(TTS、TTB)との差を為替手数料と呼ぶことがあります。通常、銀行の場合、米ドルで為替手数料1.0円、ユーロで為替手数料1.5円となります。一部の銀行ではより小さな為替手数料を採用しています(この場合、仲値は頻繁に変動します)。外貨MMFや外国為替証拠金取引(FX)でも為替手数料は小さくなります。なお、外貨預金をして、円貨で引き出すと、手数料がそれぞれでかかりますから、実コストは為替手数料の2倍となります。

2006年12月から外貨預金の取扱を始めたイーバンク銀行では、スプレッドと手数料を別建てにしており、基準となる為替レートは外国為替証拠金取引(FX)と同様、売値と買値に数銭〜十数銭の差(スプレッド)があります。例えば、米ドルの場合、手数料は10銭ですが、スプレッドが6銭程度で、実質的な手数料は13銭程度となります。ただし、スプレッドは固定されているものではありません。












銀行名為替手数料
米ドルユーロ英ポンド豪ドルNZドル加ドル
大手銀行1.00円1.50円4.00円2.00円2.00円1.60円
新生銀行1.00円1.00円2.00円1.00円1.00円1.00円
シティバンク1.00円1.00円1.00円1.00円1.00円1.00円
ソニー銀行0.25円0.25円0.50円0.50円0.50円0.50円
住信SBIネット銀行0.20円0.20円0.50円0.50円0.50円0.50円
イーバンク銀行0.13円〜0.13円〜0.37円〜
仲値とTTS/TTBとの差。実コストはこの2倍となる。例えば大手銀行では
米ドルの仲値が120円の時、TTSは121円、TTBは119円となる。


三菱東京UFJ銀行・外国為替相場



外貨預金の仕組み
外貨MMFの仕組み
外国為替証拠金取引とは
ホーム